情報学科の紹介

幅広い情報社会のリーダーになる!

AIや画像認識などの情報技術を企業活動に取り入れるシーンが増えてきており、それらを操作や管理のできる人材が、金融・製造・流通・販売などの様々な業界で必要とされています。身につけたIT知識と技術をビジネスの世界で活用できる、ITビジネスリーダーを目指します。

情報学科の特長

1年次にじっくり基礎学習

1年次は、情報社会で求められるIT基礎力の定着と「基本情報技術者試験(国家試験)」の合格を目指し、ステップアップを図ります。

実習中心で楽しく学ぶ

2年次は、ビジネス現場に精通した経験豊富な教員のもと、実習を中心とした体験型の学習で楽しく学びながら実践力を磨きます。

さまざまな業種で活躍できるITビジネスリーダーを育成

コンピュータやソフトウェアを効果的に利活用する知識と技術を身につけ、社会に貢献できる人材を育成します。

情報学科のカリキュラム

これからの情報社会を支える人材を育成

初心者も安心して学べるよう、個人のレベルに合わせて基礎からきめ細かく指導します。

1年次に情報社会で求められるITスキルの基礎力を習得し、2年次に高い専門性を身につけます。

1年次2年次
コンピュータ基礎、Webデザイン基礎
ネットワーク基礎、データベース基礎
プログラミング入門、セキュリティ知識 など
Office活用、Webデザイン応用、情報処理演習
ビジネスマネジメント、ビジネスプランニング
リテールマーケティング、コンピュータ会計

より深く最先端のIT技術を身につけたい学生は、2年次進級時にITスペシャリスト学科への転科が可能です。

時間割の例

1年次
Iコンピュータシステムネットワーク基礎Webデザイン基礎情報化と経営プログラミング入門
IIアルゴリズム演習セキュリティ知識データベース基礎システム設計基礎コンピュータシステム
III表計算基礎Webデザイン基礎生き方講座プログラミング入門文章技術
IV資格試験対策資格試験対策英 語
2年次
Iビジネスプランニングコンピュータ会計Webデザイン応用リテールマーケティングWebプログラミング
IIOffice活用Webプログラミングビジネスマネジメントコンピュータ会計ビジネス知識
IIIリテールマーケティングネットワーク応用生き方講座Webデザイン応用ビジネスマネジメント
IV情報処理演習資格試験対策資格試験対策講座資格試験対策講座

主なカリキュラム

コンピュータシステム

ハードウェア、ソフトウェア、コンピュータシステムに関する知識を学ぶ。

アルゴリズム演習

基本的な命令の組み立て方を理解し、データ検索や並べ替えなどの代表的なアルゴリズムを学ぶ。

データベース基礎

関係データベースを中心に、EーRモデル、正規化、関係演算、トランザクション処理、障害回復方法について学ぶ。

ネットワーク基礎

ネットワークを構成する機器の仕組みや働き、インターネットやLANなどで使用されているネットワーク技術について学び、基本的なネットワークの設定ができる技術を身につける。

情報化と経営

企業活動と情報システムとの関わりを知り、経営戦略を具体化するための情報システム戦略の考え方を学ぶ。また、情報システムの運用・管理に必要な知識と技術を身につける。

Webデザイン基礎

Webデザインの基礎的な技術(HTML、CSS、画像処理など)、企画・制作について、基礎的な技術と理論を学ぶ。

ビジネスプランニング

新たなビジネスアイデアを発想し、実際にビジネスとして成り立つかどうかの裏付けを検証したうえでビジネスモデル創造する、発想力と企画力を養成。

Webプログラミング

JavaScriptやPHPなどのプログラミング言語を用いたWebサイト制作実習をとおして、動的かつ機能的なWebシステムの制作技術を学ぶ。

ビジネス知識

ビジネス常識および、基礎的なコミュニケーション、情報の利活用など、将来、職業人として適応するために身につけておくべき知識を学び、企業の役割や責任と権限などを理解するとともに、効率的な業務の進め方、問題解決のための基本的なコミュニケーション、情報活用の技法を学習する。

総合実践

身につけたIT知識・技術とビジネス知識を融合し、学生主体となってネットショップの企画、設計、運営を行い、マネジメント力と実践力を磨く。

Office活用

Microsoft社のOffice製品(Word、Excel、Access)の操作および実務的活用方法について実習により学ぶ。

リテールマーケティング

市場の流通・販売を全体にわたり学習。マーケティングの基本的な考え方や店舗運営、購買を働きかける企業の諸活動、販売経営管理を学ぶ。

情報学科の資格

「情報学科」は、各種資格の指定校・認定校になっています

めざす主な資格

ITパスポート試験

経済産業省認定の国家資格の一つ。職業人として備えておくべき情報技術に関する共通的な基礎知識の習得を目指した、ITスキル標準レベル1の試験。ITスキル標準とは、情報技術の仕事に関わる人の職種と分野、レベルを体系的にまとめた業界共通の「ものさし」のことです。
試験サイトはこちら

基本情報技術者試験

経済産業省認定の国家資格の一つ。多くの情報処理技術者が目指すプログラマやシステムエンジニアにとっては入門となる資格で、ITスキル標準レベル2に相当し、試験は春と秋に実施されます。
試験サイトはこちら

応用情報技術者試験

経済産業省認定の国家資格の一つ。プログラム設計、プログラム開発の実務に精通し、情報システムの開発・保守・運営などを独力でできることを証明する資格。ITスキル標準レベル3に相当し、基本情報技術者の指導も行えます。
試験サイトはこちら

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定エキスパートは、コンセプトメイキングなどの準備段階から、Webページデザインなどの実作業、テストや評価、運用まで、Webデザインに必要な専門知識と、その知識を応用する能力を証明する資格です。
試験サイトはこちら

マルチメディア検定

マルチメディア検定エキスパートは、マルチメディアを用いたネットワーク技術・コミュニケーション技術・プレゼンテーション技術についての専門的な理解と、Webサイトやシステム、製品開発のビジネスに知識を応用する能力を測ります。
試験サイトはこちら

Office系各種技能認定(サーティファイ)

サーティファイソフトウエア活用能力認定委員会の主催するOffice系(Word、Excel、Access、PowerPoint)技能認定試験。完全合格すると"サーティファイ・オフィス・マスター"と認定され、ビジネスアプリケーションソフトウエアの総合エキスパートとして認定されます。
試験サイトはこちら

インターネット検定

NTTコミュニケーションズが実施するICTスキル認定資格制度です。社会で必要なIT知識を問うもので、情報受信を目的とした利用者に指導できるレベルから、インターネットを活用した企業などのネットワークシステムの運用管理ができるレベルまで、それぞれのレベルごとの試験があります。
試験サイトはこちら

MCP(マイクロソフト認定資格プログラム)

世界共通、同一基準で実施されるシステムエンジニア、コンサルタント、プログラマなどを対象としたマイクロソフト製品の技術知識を認定する資格です。
試験サイトはこちら

ビジネス能力検定

ビジネス能力検定(B検)ジョブパスは、社会人に必要な仕事の能力を評価する検定試験です。業種・職種を問わず、社会人に必要な基礎能力を評価する3級と、一人前の職業人としての仕事の実践力を評価する2級の合格を目指します。
試験サイトはこちら

日商簿記検定

商工会議所主催の簿記に関する検定試験です。商業簿記に関する知識を問う3級と、商業簿記と工業簿記に関する知識を問う2級の合格を目指します。
試験サイトはこちら

情報学科の就職

めざす主な仕事の内容

プログラマ

SE(システムエンジニア)が作成した設計仕様書に従って、プログラム言語を使ってシステムを構築する情報化時代の最前線で活躍する技術者です。

オフィスオペレータ

コンピュータで事務作業を効率化する

アプリケーションソフトを使用し、データの作成・加工・集計、指事された資料や企画書・集計フォーマットの作成など、OA機器を使いこなす事務系のスペシャリストです。

カスタマエンジニア

ICT機器のメンテナンス作業

コンピュータ技術者の一種で、主にコンピュータのハードウェアの設置、保守点検や修理などのメンテナンスを行い、稼働状況を良好に保つエキスパートです。

Webデザイナー

Webサイトをデザインする

クライアントのニーズに沿って、個性あるWebサイトをデザインする。オリジナリティを発揮できる高度な技術とセンスを持ったデザイナー

ネットショププランナー

インターネットショップを設計・構築・運営する

身近なITビジネスとして広く普及しているインターネット上のショップを、企画からサイトの構築・運営まで総合的にプランニングするIT技術者です。

ヘルプデスク

コンピュータに不慣れなサポート

詳しいIT知識を用いて、情報システムやソフトウェアの使い方、システム障害発生時の対処法を電話やメール、チャットなどで分かりやすく顧客に伝えるサポート業務

ビジネスマネージャー

企業活動において様々なマネジメント(管理)を行う

企業で業務を行うにあたって、人・モノ・金などの様々な資源の効率的な管理やリスク管理などを行う。

就職内定先実績(一部)

平成28年度(2016年度)
就職内定率 91.7%

※平成24年度以降の実績より一部抜粋

㈲ITOテクノ、㈱アドバンテック、㈱ECS、㈱いまだ、㈱ウインシステムズ、かめや釣具㈱、カワシマ興産㈱、三栄産業㈱、㈱ジーテック、㈱ジェイジェイ、㈱ジェネス、下岸建設㈱、杉谷商事㈱、住野工業㈱、㈱ダイキ、㈱ダイキエンジニアリング、大起産業㈱、ダイキョーニシカワ㈱、㈱ダイセック、太陽オート㈱、太陽自動車部品㈱、㈱タカトープリントメディア、ツネイシ境ガ浜リゾート㈱、㈱トーク、㈱ナガト、㈱中村酸素、日本自動化開発㈱、㈱日本ネットシステム、㈱猫本策三商店、ハゴロモ㈱、広島綜警サービス㈱、プロフィット㈱、㈱ベストライフ、㈱ポップジャパン、マンパワーグループ㈱、㈱メイツ中国、安田金属㈱、ユニオンフォレスト㈱、㈱ユニマットそよ風、㈲リジョウダスキン佐伯支店、㈱リマック、㈱ルーツ ほか

最新の「就職内定よろこびの声」は、こちらをご覧ください

TOP