自然災害時の対応について | 広島工業大学専門学校

自然災害時の対応について

台風・大雨など自然災害時の授業の対応について

気象庁が定める「広島県南部 広島・呉地区」(広島県全域または広島県南部地域)で、以下の気象警報が発令された場合、学生の登下校ならびに授業については次の通りとします。

気象警報

  1. 「暴風警報」と「大雨警報」とが同時に発表されたとき
  2. 「暴風警報」と「洪水警報」とが同時に発表されたとき
  3. 「暴風雪警報」が発表されたとき
  4. 「大雪警報」が発表されたとき
  5. 「特別警報」が発表されたとき

気象警報発令時の対応

  1. 午前6時に1〜5のいずれかの警報が発令されている場合は、自宅待機。
  2. 午前9時までに警報が解除された場合は、3コマ目(午後1時)以降の授業の実施。
  3. 午前9時の時点で警報が解除されていない場合は、当日は全て休講。

注意
自宅が警報対象区域の場合や、住んでいる自治体から避難指示等があった場合、交通機関が運行停止となっており登校できない場合は、後日、チューターに申し出ることで公認欠席となります。

午前9時以降に警報が発表された時の対応

  1. 午前9時を越えて災害発生または警報が発表された場合は、学校が休校措置等について判断し、校内放送もしくはチューターから連絡をします。
  2. 学生は、ホームルームの教室で待機しておいてください。

補講の措置について
上記の理由により休講となった授業は、補講を行います。
補講の実施日等については、学科ごとにあらためて連絡をします。

その他

その他、緊急な場合や、判断に迷う場合は学校に問い合わせてください。

上記のことについては、学校のPC版、携帯サイト版ホームページで、学校の対応や情報を確認することができます。

この対応は、平成25年9月1日より実施します。

Top