インフルエンザに関する対応について | 広島工業大学専門学校

インフルエンザに関する対応について

インフルエンザに関する対応について

本校では、インフルエンザなどの学校保健法で指定された伝染病(法定伝染病)と診断された学生さんについては、学内での感染拡大を防止するため、下記のような対応を行っております。

学生・保護者の皆様は、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

「インフルエンザにかかったら」

登校しないで、病院に行く

  1. 最寄の病院(持病がある人は、かかりつけの病院)に行ってください。

    なお、新型インフルエンザが流行している場合は、病院に電話で連絡をとってから行ってください。

  2. 学校(チューター)に連絡してください。

    登校すると、感染が拡大してしまいます。
    インフルエンザでない、もしくは完治したことが確認されるまでは登校しないでください。

「完治したら」

登校の際に治癒証明書を持参していただくようお願いしています。

恐れ入りますが、医療機関で治癒証明をいただいてください。本校指定の治癒証明書があります(こちらからダウンロード(PDF形式)できます)が、医療機関指定の治癒証明書・治癒通知書でもかまいません。

「欠席の取り扱い」

法定伝染病と診断された場合、公認欠席となります。登校時に、治癒証明書を保健室に提出してから教室に行ってください。保健室では、治癒確認書をお渡ししますので特別欠席届と一緒にチューターに提出してください。

2009年、世界を震撼させた新型インフルエンザとは?

メキシコや米国で発生したH1N1亜型の新型インフルエンザです。WHOが世界的なパンデミック(大流行)であるとして、当時は警戒レベルをフェーズ6に引き上げました(現在は解除されています)。季節性インフルエンザと同じ「弱毒性」ですが、基礎的疾患のある人などは重症化することもあります。また、治療薬タミフルに耐性を持つウイルスも確認されており、「強毒性」に変異することも考えられます。

新型インフルエンザってなぁに?
動物のインフルエンザウィルスが人に感染し、人から人へ感染しやすくなったものです。このウィルスが感染して起きる病気が「新型インフルエンザ」です。
なぜ、あんなに騒がれたの?
基本的にはすべての人は、この新型インフルエンザに対して抵抗力(免疫)を持っていません。そのため、簡単に人から人へ感染して、感染が拡大してしまうからです。

関連情報

Top