土木工学科

安全・快適・便利なくらしのパイオニアになる!

道路や橋、鉄道など都市機能に欠かせない生活基盤を支え、安全で自然環境と調和したまちづくりを担います。

近年は、土木・測量・造園業界の現場も電子情報化が進み、CADの知識が必要です。また、環境保全・向上のためのビオトープの知識の習得も重要となります。

「百聞は一見にしかず」という名言があります。見ること、操作することで、力がグーンとアップします。

授業の特長

実学で学ぶプロの技術とチームワークの大切さ

土木・測量・造園の基礎知識を自分の「技」とするために十分な実習を実施します。

チームの一員として作業・機器操作を行う中で、現場で通用する技術とチームワークの大切さを学んでいきます。

時代のニーズに応える人材育成

地球環境の変化が想定範囲を超える災害をもたらしている今日。

災害に強いまちづくりを担う人材、そして情報化に対応でき、自然との共存も図ることができるノウハウを持つ人材を育成します。

国家資格の認定校として資格取得を徹底サポート

認定校の強みである国家資格の取得をめざした実践的カリキュラムを展開します。

試験直前の特別対策講座をはじめ、先生も一緒になっての自主学習の場も設け、徹底サポートします。

カリキュラム

現場と同じ環境の体験型授業でチームワーク力を培う

道路、橋、河川、公園緑地・・・。私たちのすぐ身近なところにまちづくりの技術はあふれています。

安全で快適、そして便利な生活基盤を整備するには、総合的な技術力に加え、チームワークやリーダーシップも必要。

実習を通して大きく成長することをめざします。

大局的な観点を持ちつつ部分にもこだわる、そしてチームワークを保つ力がポイントとなります。

時間割の例

1年次
I応用測量基準点測量環境都市計画コンピュータ実習土木CAD
IIコンクリート工学基準点測量構造力学まちづくり数学土木CAD
III土木材料実験水準測量生き方講座地形写真測量土木施工法
IV各資格試験前には「施工管理」「測量士・補」「ビオトープ」対策講座を選択して受講します。また、土木総合施工実習を集中的に開講します。
2年次
I卒業研究/企業実習土木施工法土木調査・設計演習応用測量土木情報処理
II卒業研究/企業実習環境海岸・港湾工学土木設計積算応用測量土木情報処理
III地下空間工学生き方講座測量設計積算水理学
IV各資格試験前には「施工管理」「測量士・補」「ビオトープ」対策講座を選択して受講します。また、土木総合施工実習を集中的に開講します。

主なカリキュラム

基準点測量

基準点測量の概要、計画・準備(作業工程)、測定機器(原理、取扱、検定)、測定、計算・整理、特殊な測量(梅屋、太陽、時計法等)、管理(施工管理、精度管理)などを学習する。

土木製図

手書きによる基礎的な製図能力と実習を通して土木構造物の理解、読図の技能基礎力を養成することを目指す。又、2級土木施工管理技術検定試験の共通工学の内、「設計図書」に対応できる学力を養成する。

土質工学

土木構造物の設計及び安定計算に必要な地盤の力学の基礎知識を修得する。土質の基本的性質、圧密現象の機構、土中の応力モールの円、土の努断、土庄分布、地盤の支持力、斜面の安定など。

環境都市計画

都市計画の目標及びその内容について概説し、さらに都市計画の中で土地利用計画、都市交通計画の構成と立案の過程を示し、都市計画に関する諸問題について学習する。

ビオトープ施工法

ビオトープ施工に関する基礎知識や生態系に優しいものづくりの技術者を育成する基礎知識を学習する。

環境河川工学

河川用語の理解、河川管理施設等の設計、施工、管理に必要な基本的考え方を習得する。又2級土木施工管理技術検定試験の「河川・砂防及びダム部門」に対応できる学力を養成する(河川法含む)。

道路工学

道路全般にわたり種頬、関係法規、線形計算、構造設計と施工、舗装、その他付属施設等の基本的な事項を学ぶ。

橋梁工学

橋梁の種類と構造、橋梁に使用する材料の種類と強度及び許容応力度、設計荷重等について理解させ、橋梁の設計能力を修得させる。

環境海岸・港湾工学

海岸域の開発と環境保全を進める際に必要となる自然現象をよく理解し、海岸保全施設の設計に必要な基本的考え方を修得する。

土木施工法

建設工事に必要な施工法、特に土工関係を中心に学習し、工事現場にて即応できるようにする。

土木法規

建設工事の設計・施工には多くの法律・規則等で規制を受けていることを理解させる。

土木総合施工実習

ものづくり実習として、土木を中心とした構造物を設計段階から計画し、施工に至るまでの過程を実習より学習させる。

資格

HITPは、各種資格の認定校

  • 国土交通省
    「1級・2級土木施工管理技術検定受験資格」認定校
  • 国土交通省
    「1級・2級造園施工管理技術検定受験資格」認定校
  • 国土交通省
    「1級・2級管工事施工管理技術検定受験資格」認定校
  • 国土交通省
    「1級・2級建設機械施工技術検定受験資格」認定校

ライセンス取得を徹底支援

ライセンスは一日にして成らず。

資格取得を本気でバックアップする授業展開と対策講座、先生も一緒になっての自主学習の場がライセンス取得の決め手です。

めざす主な資格

2級土木施工管理技術検定

土木工事には適切な工事を行うための技術者を置き、工事状況の管理・監督することが法律で決まっています。技術者の資格を満たす者として土木施工管理技術検定の取得者があげられます。検定内容には、学科と実地があり、在学時から学科試験を受けることができます。また、実地試験の受験は、仕事の性格上、実務経験が必要です。本校は、国土交通省の認定校であるため、実務経験年数の短縮を図ることができます。

試験サイトはこちら

2級造園施工管理技術検定

造園工事には適切な工事を行うための技術者を置き、工事状況の管理・監督することが法律で決まっています。技術者の資格を満たす者として造園施工管理技術検定の取得者があげられます。検定内容には、学科と実地があり、在学時から学科試験を受けることができます。また、実地試験の受験は、仕事の性格上、実務経験が必要です。本校は、国土交通省の認定校であるため、実務経験年数の短縮を図ることができます。

試験サイトはこちら

2級管工事施工管理技術検定

宅内の配管工事には適切な工事を行うための技術者を置き、工事状況の管理・監督することが法律で決まっています。技術者の資格を満たす者として管工事施工管理技術検定の取得者があげられます。検定内容には、学科と実地があり、在学時から学科試験を受けることができます。また、実地試験の受験は、仕事の性格上、実務経験が必要です。本校は、国土交通省の認定校であるため、実務経験年数の短縮を図ることができます。

試験サイトはこちら

2級ビオトープ管理士

地域の自然生態系を取り戻すための「ビオトープ事業」を効果的に推進するために必要な知識、技術をもつと認定された人に与えられます。環境省や国土交通省、農林水産省などの中央省庁、各地の自治体など行政機関において、業務入札の要件ほか様々なかたちで資格が活用されています。

試験サイトはこちら

測量士

国土地理院が行う「基本測量」や国または地方公共団体が費用を負担または補助して実施する「公共測量」に従事するための国家資格です。また、建築物や道路や橋などの土木構造物を作るには、精密かつ高度な測量技術が必要です。これらの測量に関する計画を作成する者が測量士です。

試験サイトはこちら

測量士補

測量士の作成した計画に従い、測量に従事する者が測量士補です。また、測量士補の有資格者は土地家屋調査士の資格試験を受験する場合には、午後の部の試験が免除されます。そして、上級資格である測量士への土台になります。

試験サイトはこちら

2級建設機械施工技術検定

2建設機械施工技術検定試験は、主に熟練度の高い運転技術者を対象とし、特定の建設機械の運転技術及び施工技術とこれに必要な知識と能力を判定するものです。この試験に合格すると、国土交通大臣から建設機械施工技術検定合格証明書が交付され、「2級建設機械施工技士」と称することが認められるとともに、建設業の許可に必要な有資格者となり、また、施工現場における主任技術者としての資格が与えられます。

試験サイトはこちら

資格合格者よろこびの声

「2級造園施工管理技術検定試験(学科試験)」 合格

眞嶋 ゆりか さん
(2013年入学 山口県立田布施農工高等学校 出身)

過去問をしっかり解き、また土木施工管理の知識が必要だったので、それを忘れないように毎日勉強していました。就職に向けてぜひ取得したいと考えていたので、合格できて嬉しいです。

造園に興味のある方は、ぜひ取得を目指して頑張ってください!土木施工をしっかりやっておけば点数もかなり伸びると思います。ぜひ、チャレンジしてみてください!

その他の「資格合格者よろこびの声」はこちらをご覧ください

就職

めざす主な仕事の内容

現場代理人

いったん現場に入れば会社を代表して判断を下す。それが現場代理人の仕事です。

現場代理人といって、現場では社長の代理人として全体管理の仕事を任されています。

土木設計技術者

土木・造園に必要な書類を作成する。

土木工事を進めるにあたり、調査・計画・設計を行うために必要な書類(設計図書)を作成する。CADで描かれた設計図面は、工事費用の見積もりや材料資材の調達の正確な情報源になるとともに、完成後も図面データを保存することで修理・改修時に活用されます。

建設機械施工技士

工事用機械や車両の運転・施工管理を行う。

建設機械の運転免許証とは違う国家資格を持った施工管理技士です。建設機械は工事の目的に応じて使い分けています。ブルドーザー、パワーショベル、ホイルローダー、ダンプトラック、ロードローラー、クレーン、杭打機などがあります。建設機械の運転や建設工事での能率アップ、品質保持などの目的に監理・主任技術者として現場を監督します。

土木・造園・測量設計技術者

土木・造園の仕事の一番バッター。土地の位置、高さ、長さ、面積を測ります。

橋や道路、ビル、家屋、公園、庭園等、あらゆる建設工事において、まず最初に行う作業が測量です。この測量の結果によって、開発計画を決めたり、建設条件を変更するので、誤差のない正確性が要求されます。社会的に重要でかつ、責任も大きな仕事です。

その他に「土木施工管理技士」、「管工事施工管理技士」、「造園施工管理技士」、「建設機械オペレーター」、「ビオトープ管理士」、「測量士/測量士補」などをめざします。

夢を叶えた先輩の声

土木工事現場監督(株式会社 河崎組)

石原 啓介さん
(2010年卒業 島根県立松江農林高等学校 出身)

実習で成し遂げた時の達成感が仕事への意欲を駆り立てる!

高校生の時から街を造る仕事に憧れており、進路もはっきり決めていました。HITPに進学したのは実踐的な実習が充実していたから。現場で必要となる知識やスキルを身につけることができたので、就職にも不安はありませんでした。

入社2年目の現在、現場監督として道路づくりに取り組んでいます。在学中に取得した測量土補、2級土木施工管理技士の資格をはじめ、測量や土木の基礎知識は大いに役立っています。これからも勉強と経験を重ね、もっと規模も予算も大きい仕事を任せてもらえるように頑張ります。

その他の「就職内定よろこびの声」はコチラ

就職内定先実績(一部)

平成26年度(2014年度)
就職内定率100%

※平成22年度以降の実績より一部抜粋

㈱荒谷建設コンサルタント、安藤工業㈱、㈱イズタコンサルタント、㈱FCエンジニアリング、大政建設工業㈱、勝井建設㈱、㈱河崎組 、キュートク㈱、極東興和㈱、㈱協同コンサルタント、㈱熊高組、㈱ゴエイ、㈱坂内建設、㈱三共コンサルタント、㈱山陽技術コンサルタント、四国通建㈱、総合技研㈱、太陽技建工業㈱、㈱竹下技術コンサルタント、㈱竹下建設、東洋測量㈱、戸田道路㈱、南海測量設計㈱、西谷技術コンサルタント㈱、西日本旅客鉄道㈱、日新産業㈱、㈱ニュー技術、㈱平岡建設、㈱ヒロコン、㈱広測コンサルタント、㈱伏光組、真志田建材㈱、㈱三田億工業、宮田建設㈱、明伸建設コンサルタント㈱、㈱村上組、㈱ライズコンサルタント、㈱陸地コンサルタント、㈱和幸設計 ほか

最新の「就職内定よろこびの声」は、こちらをご覧ください

TOP