音響・映像メディア学科の概要 | 広島工業大学専門学校

音響・映像メディア学科の概要

授業について

人の心を動かすクリエイターになる!

音と照明で空間を素敵に演出する音響エンジニア。

そしてデジタルハイビジョンの時代を迎え、活躍の場が広がる映像クリエイター。

最先端の技術を効果的に使う高度なスキルと、研ぎ澄まされた感性が感動を創りだしていく世界が、そこにはあります。

現役プロの実力派講師陣が、基礎から現場で通用する技術、業界用語まで交えたプロのノウハウをじっくりと教えます。

コンピュータによるデジタル音響編集

第一線で活躍されているプロが講師として実践的に指導。

プロのレコーディングで主流となっているデジタル音響編集の技術を業界標準のシステムPro Toolsを使いながら音の編集や加工技術を学びます。

プロカメラマンの技を学ぶ撮影実習

現役のプロの講師が実践的に指導。

様々な場所、場面で放送局と同じプロ用機材を使って映像カメラマンとして通用する撮影技術を基礎から応用まで学びます

コンサートエンジニアになるための音響実習

プロ仕様の機材で実践的に音響の基礎を学ぶ。

コンサートやイベントの音響エンジニアとして必須の基礎知識と技術を実習を通じて学びます。

プロエディターのノウハウを学ぶ編集実習

最新の映像機材でデジタル編集技術を学ぶ。

現在、プロの世界では映像をすべてデジタル編集しています。

このノウハウを業界標準のソフトを使って実践的に学びます。

ラジオ番組制作

自作の番組をオンエア!

HITPのアナウンスブースを使用して、学生たちの手でラジオ番組を制作します。

企画から台本作成、収録、編集を経て、完成した作品は、実際に放送されます。

カリキュラムについて

本格的な実習から現場で通じるスキルを磨く

1年次には実習主体のカリキュラムで音響・映像の基礎をじっくり学びます。

2年次に目標・興味・適性に応じて「音響分野」「映像分野」の授業を選択し、実践力を身に付けます。

時間割(例)

1年次
ICG映像実習コミュニケーション音響理論映像理論
II照明技法音響実習映像実習コンピュータ実習ビジュアルツール
III映像実習音響実習生き方講座デジタルサウンド色彩学
IV音響実習文章技術
2年次(音響分野)
I映像演出ステージ照明音響映像資格対策講座音響実習イベント企画
IIDAWステージ制作音響理論音響実習PA技術
IIIデジタルメディアラジオ番組制作生き方講座音響実習ラジオ番組制作
2年次(映像分野)
I映像演出ステージ照明音響映像資格対策講座映像実習イベント企画
IIデジタルメディアステージ制作映像理論映像実習CM制作
IIIDAWビデオコンテンツ生き方講座映像実習ビデオコンテンツ

主なカリキュラム

音響理論
音声の特性や収音技術に関する基礎技術理論を学習し、放送業務に関わる上で必要な機器の知識と活用方法を学ばせ、音響技術者の育成を目指す。
音響実習
PA技術、録音技術の基礎を、実体験を通じて学習し、本格的なレコーディング作品の制作や業界で通じる高度な専門技術を学習する。
映像理論
映像信号の構成、動画の仕組み、実際の映像制作に関する基礎技術理論を学習し、映像コンテンツを制作する上で必要な機器の知識と活用方法を学ばせ、映像制作、映像管理技術者の育成を目指す。
映像実習
撮影技術、編集技術、照明技術、収録技術の基礎を、体験的に学習し、習得した技術をベースに、本格的な作品制作や業界で通じる高度な専門技術を学習する。
デジタルメディア
ネットワークコンテンツの発信方法を学び、Webページの作成、映像コンテンツの配信、インターネット放送など通じて、新しい情報発信方法を体験的に学ぶ。
イベント企画
企業のPRイベントから、音楽家のコンサートまで幅広く、イベントの企画から予算管理、交渉、実際の運用までを学習する。
ステージ制作
コンサート・イベントなどにおける制作の基本的な知識を学習。舞台、ステージ制作者に必要な知識・技術を養成する。
演技・表現技法
演劇などの表現方法を学ぶことで、音響・映像制作者としての感性を磨くことを目標とする。また、実社会で対人関係を良好にするために、身体や言語を用いて感情を表現しコントロールする術も学習させる。
PA技術
コンサートエンジニアに必要なPA機器の取り扱い方や運用方法など、それらの理論と技術を体系的に学習する。
ラジオ番組制作
ラジオ番組の企画立案・制作・出演・編集から完パケまでを行い、ラジオ放送することにより、現在のラジオ番組制作の流れ・手法等を学ぶ。
CM制作
テレビCMの意義や需要性を学習することで、実際の制作課程やCMの目的について理解させることを目標とする。
ビデオコンテンツ
各種映像コンペティションに作品を出品することを目的とした実習。

カリキュラムの詳細は、音響・映像メディア学科の基本情報 (PDF) をご覧ください

Top