広島工業大学専門学校は
『高等教育の修学支援新制度』
の対象校です!

高等学校の生徒の皆さん、広島工業大学専門学校で学びたいのに、経済的な心配で進学を迷っていませんか?

皆さんの学びたい気持ちを経済的にしっかりと支える法律が制定され、令和2年4月から新制度による支援が始まります。

具体的な支援内容:世帯収入約270万円まで(住民税非課税世帯)の場合

※原則として日本学生支援機構の給付型奨学金の給付を受け、授業料等の減免を受けることとなります。

※高等学校等での学業成績によっては支援の対象とならないケースや世帯収入の金額や家族構成によって満額の減免とならないケースがあります。

※広島工業大学専門学校の学費です。
入学年度の学費
入学金100,000円
授業料550,000円
実験実習料250,000円
施設設備資金200,000円
合計1,100,000円

▼ 減免

修学支援新制度①
※広島工業大学専門学校が入学金と授業料を減免いたします。
広島工業大学専門学校による授業料等減免
入学金(全額)100,000円
授業料(全額)550,000円
合計650,000円

※入学金及び授業料減免後の学費です。
減免後の学費
入学金0円
授業料0円
実験実習料250,000円
施設設備資金200,000円
合計450,000円

▼ 給付

修学支援新制度②

※日本学生支援機構から給付される奨学金で、返還する義務はありません。
減免後の残りの学費を支払うことができます。

日本学生支援機構の給付型奨学金
(返還は不要です)
自宅外通学の学生909,600円給付
自宅通学の学生459,600円給付

※学費納入後、手元に残った給付型奨学金の残額を下宿費用や教科書代などに充てることができます。

手元に残る金額
自宅外通学の学生459,600円
自宅通学の学生9,600円

安心して広島工業大学専門学校への進学をご検討ください。

それでは、新たな修学支援制度について詳しく説明いたします。

①新たな修学支援制度とは?

◎給付型奨学金(原則、返還が不要な奨学金)
日本学生支援機構が各学生に支給します。
◎授業料等の減免(入学金と授業料の免除または減額)
広島工業大学専門学校(以下「本校」という。)が行います。

新しい支援制度は、この2つの支援を合わせることにより、本校で安心して学んでいくもので、令和2年からスタートします。

②支援の対象は?

◎住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
(既に本校に在学している学生も対象となります)
◎申込みに係る要件
  • 日本国籍、法定特別永住者、永住者等又は永住の意思が認められる定住者であること。
  • 高等学校等を卒業してから2年の間までに本校に入学を認められ、進学した者であって、過去において本制度の支援措置を受けたことがないと。
  • 保有する資産が一定の水準を超えていないこと(申告による)。
◎学業などに係る要件
☆高校3年生の方☆
○高等学校等の評定平均値が3.5以上であること。
☆本校在校生の方☆
○本校でのGPA(学年末時点)が上位2分の1以上であること。

※学業などに係る要件について分からないことがあれば、所属する学校へお尋ねください。

【参考】

◎支援を受けられる年収の目安
☆両親・本人(18歳)・中学生(15歳)の家族4人世帯の場合※
支援対象者年収の目安支援額
住民税非課税世帯の学生~約270万円満額
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生~約300万円満額の2/3
~約380万円満額の1/3

※実際には多様な形態の家族がありますので、基準を満たす世帯年収は家族構成等により異なります。支援の対象となるか、どれくらいの支援が受けられるか、日本学生支援機構のホームページで大まかに調べることができます。

〇日本学生支援機構 進学資金シミュレーター〇

https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

③支援額はどうなるの?

満額支援の場合
(住民税非課税世帯の学生)
通学の種類給付額入学金減免額授業料減免額合計の支援額
自宅外年額 909,600円100,000円550,000円1,599,600円
自宅年額 459,600円100,000円550,000円1,109,600円

住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生は、住民税非課税世帯の学生の2/3又は1/3の支援額となります。

1年次後期以降から支援を受ける人は「入学金」の免除・減額は受けられません。

④どうやって手続きするの?

支援を受けるためには、本人からの申請が必要です。

☆高校3年生の方☆
〇すでに「給付型奨学金」の予約採用を受けている人
「授業料等の減免」について、今後、必要な手続を本校から連絡いたします。
「給付型奨学金」の予約採用を受けていない人

令和2年度に本校へ進学を予定している人を対象とした「授業料等の減免」の予約採用の申請期間は終了しています。

「給付型奨学金」及び「授業料等の減免」については、本校に進学後(4月)、新たに支援の申請を行うことができますので本校が入学後に開催する説明会へ必ず参加してください。

☆高校2年生の方☆
「給付型奨学金」の支援を希望する人

3年生になったら在学している高校を通じて、日本学生支援機構に申込みしなくてはなりません。

申込みなど詳しいことについては、日本学生支援機構のホームページをご覧ください。

日本学生支援機構 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

※4月になったら、高等学校の先生によく相談して、手続きを進めてください。

「授業料等の減免」については、本校に合格後、手続きを行ってください。

☆本校在校生の方☆
〇すでに「給付型奨学金」の申込みを完了している人

「授業料等の減免」について、12月20日(金)から1月31日(金)までの間に必ず申請を行ってください。

「給付型奨学金」の申込みを行っていない人

令和2年度に進級予定の人を対象とした日本学生支援機構「給付型奨学金」の今年度の申請期間は終了しています。

「給付型奨学金」及び「授業料等の減免」については、4月以降、新たに支援の申請を行うことができますので説明会に必ず参加してください。

『高等教育の修学支援新制度』についてさらに知りたい方へ

≪相談先≫ お問い合わせ先は次のとおりです。

広島工業大学専門学校 事務室

〒733-8533 広島市西区福島町2丁目1ー1

TEL : 082-295-5111

※窓口時間 平日9:00-17:00の間にご連絡・ご訪問ください。

TOP
HITP